炭の自作


Pocket

八ヶ岳に行くと毎回BBQをするため、炭が大量に消費されます。

そのため自作してみました。

方法は、まずは一年ほど寝かせた薪をBBQコンロで全体が真っ黒になるまで焼きます。

そのあと、水をかけるとベチャベチャになるし、放っておくと灰になるだけなので、

太めの金属製のパイプを地面に煙突のように突き刺して、その中に燃えている炭になる予定のものを投入しました。

地面に突き刺しているために空気は充分に入ってこないため、無事、炭になるのではとの推測です。

これらは子供と一緒にやった、というか子供(息子)にほとんどやってもらいました。

何事も経験なので。

完成した自作の炭
完成した自作の炭

結果、きちんと炭になりました!

この方法でかなりの量を作り、BBQできちんと利用できています。

それでは。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です