黄金沢鉱山から持ち帰った鉱石を希塩酸に漬けた結果


Pocket

2週間ほど前(2016年11月17日投稿)に、子供と一緒に黄金沢鉱山へ鉱物を採りにいった。

そのさいの収穫は3kgほどだが、そのうちの一部は以下の通り。

※ちなみに、化石採集の記録はこちら「化石採集(西八王子)の記録

採取後そのままの黄銅鉱と閃亜鉛鉱(黄金沢鉱山)
採取後そのままの黄銅鉱と閃亜鉛鉱(黄金沢鉱山)
採取そのままの鉱物たち(黄金沢鉱山)
採取そのままの鉱物たち(黄金沢鉱山)

その後、希塩酸(塩酸9%)に漬けた。

容器はガラス容器で、そこに鉱物をいくつか入れ、その鉱物たちが浸る程度の希塩酸を入れ、密閉しないような蓋を置いた。

そして子供たちがさわらない、且つ、ふとした拍子に触れたりしない場所に置いた。

1週間程度が過ぎた。

結果は以下のように、かなりキレイに、不純物というか、余計な周辺の石が削げ落ちた。

黄銅鉱はとてもキレイに光っている(黄金沢鉱山)
黄銅鉱はとてもキレイに光っている(黄金沢鉱山)
閃亜鉛鉱は亜鉛の部分が希塩酸と反応し、薄茶色に変色してしまった(黄金沢鉱山)
閃亜鉛鉱は亜鉛の部分が希塩酸と反応し、薄茶色に変色してしまった(黄金沢鉱山)
石英は余計な部分がそぎ落とされ、水晶様に変化している(黄金沢鉱山)
石英は余計な部分がそぎ落とされ、水晶様に変化している(黄金沢鉱山)

山に登ることで子供たちがいろいろな自然環境に触れ、金属を始めとした鉱物の発祥に思いをはせ、長時間の登山による体力の増強や忍耐力を得、父親と子供の繋がりも強固になり、且つきれいなお土産を得られる登山は最高の体験だと思う。

以上。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です