fusion360の使い方


Pocket

このページは小学6年生である息子が書きます。

fusion360の紹介

以下が起動直後の画面

fusion360
fusion360

fusion360は3Dプリンターで何かを作るときの設計図のようなものを描くアプリです。

fusion360で3Dモデルをつくる方法

fusion360ならだいたいどんな形でも作ることができます。どんな形をつくることが出来るのかそしてどうやってつくるのかを紹介していきます。

①四角柱

fusion360スケッチ
fusion360スケッチ1

上の図の赤い線で囲まれている部分の「スケッチを作成」を押します。

fusion360スケッチ2
fusion360スケッチ2

すると上のような画面になります。なのでどれか一つの面を選んで下さい。面を選ぶと下のような画面になります。

fusion360スケッチ3
fusion360スケッチ3

次に上の図の赤い線で囲まれた部分のどれかを選択します。今回は四角柱をつくるので青い線に囲まれている部分を選択して下さい。

fusion360スケッチ4
fusion360スケッチ4

それができたらまず初めの点を指定して下さい。次に終わりの点を指定し、スケッチを終了を押して下さい。スケッチを終了すると下のような画面に戻ります。

fusion360スケッチ5
fusion360スケッチ5

戻ったら押し出しで今は平面の図形を立体的にしていきます。押し出しは赤い線で囲まれた部分です。そこをクリックすると下のような画面になります。

fusion360スケッチ6
fusion360スケッチ6

次に赤い線で囲まれている矢印をクリックしながら上にあげていきます。

fusion360スケッチ7
fusion360スケッチ7

これであとは赤い線で囲まれているOKのボタンをクリックすれば四角柱の完成です。これは円柱などでも同じように出来ます。

②球体

fusion360作成1
fusion360作成1

球体を作成するにはまず赤い線で囲まれている作成のボタンをクリックします。そのあと青い線で囲まれている球のボタンを押します。そして四角柱をつくった時と同じように面を選択します。すると下のような画面になります。

fusin360球1
fusin360球1

次に上の図の赤い線で囲まれている矢印か緑の線で囲まれているところで球の大きさを決めます。

fusin360球2
fusin360球2

そして赤い線で囲まれているOKのボタンをクリックして完成です。

③fusion360で立体に文字を書く方法

まず立体を作ります。今回は四角柱に文字を書いていきます。立体が出来たら「スケッチを作成」をクリックして下さい。

fusion360テキスト1
fusion360テキスト1

その後上の図の赤い線で囲まれた作成の部分を押し青い線で囲まれているテキストをクリックします。すると「文字を書く範囲を選択して下さい」となるので文字を書きたい範囲を選択して下さい。

fusion360テキスト2
fusion360テキスト2

そしてテキストに書きたい文字を入力してOKを押します。次に押し出しをして完了です。

fusion360テキスト3
fusion360テキスト

④輪を作る方法

まずスケッチを作成で円をかきます。

fusion360スケッチ8
fusion360スケッチ8

次に下の図の赤い線で囲まれた回転を押します。

fusion360作成2
fusion360作成2

そして軸を選択し、360度回転させます。

fusion360輪1
fusion360輪1

これで完成です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です